格安IoT(Internet of Things)通信を手掛けるソラコムは2016年1月27日、セキュリティやクラウド連携を強化する新機能の提供を始めた。「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」を活用したプライベート接続や専用線接続、簡易な認証サービスなどだ。同社は機能名の頭文字をアルファベット順に命名。今回は「C」から「F」まで、一気に四つの新機能を提供する。

ソラコムのシステムとAWS上の顧客企業システムをプライベート接続する
(出所:ソラコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソラコムはIoT機器向けの格安通信サービス「SORACOM Air」を提供する。機器に取り付けるSIM、データ通信サービス、Webブラウザーを使ったSIMの管理システムから成り、データ通信量に応じた従量課金制で利用できる(関連記事)。

 新たに提供を始めたのは、「Canal」「Direct」「Endorse」「Funnel」の四つの機能。CanalはAWSの仮想プライベート接続サービスである「Amazon VPC」を使った、セキュリティの高い接続機能だ。AWS上に構築した顧客企業のシステムとソラコムのデータ管理システムを、一対一で接続。ソラコムのSIMを搭載した機器とクラウド上のサーバーとの間で、あたかも自社のデータセンター内であるかのような閉域接続によるデータ通信が可能になる。いわば「インターネットに出ないまま、インターネット上のクラウドのパワーを利用できるようになる」(ソラコムの玉川憲社長)。

 「D」で始まる新機能であるDirectは、AWSを使っていない顧客企業のシステムを、ソラコムのデータ管理システムへセキュアにつなぐためのものだ。これもAWSが提供する、「AWS Direct Connect」と呼ぶ専用線接続サービスを活用。AWS以外のクラウドやオンプレミスにある顧客企業のシステムとソラコムのシステムを、閉域網でつなげられる。

 「Endorse」とは、SIMが持つ一意の識別番号を使った認証サービス。ソラコムのSIMを搭載した機器をWi-Fiネットワークや特定の業務システムへ接続する際に、一度認証しておけば他のネットワークや業務システムにもその認証情報を引き継げる。利用者はIDやパスワードを何度も入力せずに、複数のシステムを容易に利用できる。「訪日外国人向けのモバイルルーターに利用して、暗号化された公衆無線LANへ簡単に接続したり、特定のコンテンツへ利用者を誘導したりといった用途が考えられる」(玉川社長)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら