写真●三越伊勢丹ホールディングスの大西洋・代表取締役社長
(撮影:井上 裕康)
[画像のクリックで拡大表示]

 三越伊勢丹ホールディングスの大西洋・代表取締役社長は2016年1月25日、東京・目黒のウエスティンホテル東京で開催した「イノベーターズ会議」(日経BP社 日経ITイノベーターズ主催)で講演した(写真)。「三越伊勢丹のデータ活用について」と題し、これまでのデータ分析から得た知見や今後の課題について語った。

 三越伊勢丹は、売り上げや顧客の情報を詳細に分析できるシステムを導入し、全社員がデータ分析を実践する経営スタイルで知られる(関連記事:“全員分析経営”を実践する三越伊勢丹の朝礼に潜入!)。「月曜日の朝になると分析システムの処理速度が一気に落ちる」(大西社長)。この時間帯に多くの社員が一斉に前週の実績データを分析し、そこから得られた知見を朝礼で共有するからだ。

 分析のベースとなるのは、独自発行の「MIカード」の会員約260万人のデータと、売上高全体の50%程度を占める会員の購買実績である。このデータを基に仮説・検証の「PDCAサイクル」を回し、売り場での施策に反映してきた。

 ただし、大西社長は「ここ最近は、今までほどこのPDCAサイクルがうまく機能しなくなってきた」と説明した。その要因として、人口減少による購買力の絶対的な低下や、気候変動などを挙げた。「昔は季節変化が毎年安定していて、品ぞろえの前提として活用できた。だが、近年は猛暑や暖冬・厳冬などが常態化して、従来のやり方が成り立たなくなってきた」(大西社長)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら