NECパーソナルコンピュータは2016年1月13日、都内で新製品発表会を開催し、「LAVIE Hybrid ZERO」の新モデルを始めとする5シリーズ、44モデルのPC新製品を一挙発表した(写真1)。

写真1●NECパーソナルコンピュータが「LAVIE Hybrid ZERO」など2016年春モデルを発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

2015年も国内PCシェア1位を継続

 発表会にはNECパーソナルコンピュータ 代表取締役 執行役員社長の留目真伸氏が登壇。国内市場でシェア1位のPC事業について好調ぶりを語った(写真2)。

写真2●NECパーソナルコンピュータ 代表取締役 執行役員社長の留目真伸氏
[画像のクリックで拡大表示]

 国内PC市場におけるNECのシェアは、2013年は23.9%、2014年は24.9%、そして2015年は26.7%と伸びてきたという。「過去最高記録を更新し、勢いは増している。今後も引き続きシェアNo.1を継続したい」(留目氏)と語った(写真3)。

写真3●NECの国内PCシェアは2015年も拡大
[画像のクリックで拡大表示]

 シェア1位を維持している理由として留目氏は「スケール」や「組織力」を挙げる。「スケールの面では、世界1位のレノボグループと提携したことで、パートナーやサプライヤーとの関係も強固なものになった。調達力もNo.1だ。組織は12年かけて現在の体制を築いており、企画・開発から製造・販売までエンド・トゥー・エンドでコントロールできる」(留目氏)と優位性を語った。

 直近の取り組みとして、ブランドについては「2015年1月にLAVIEとVALUESTARのブランドを統合し、5月には新しいロゴに刷新したことでブランド認知度は1.2倍になった」(留目氏)とした。新たな商品カテゴリーとして投入した「Frista」や「ZERO」では、「購入者の77%が日常が楽しくなった、73%が便利になったと回答している。毎日PCを使うようになり、利用時間も増えている」(留目氏)としてユーザーの声を紹介した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら