写真●Wearvue(ウェアビュー) TG-1
(出所:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は2016年1月13日、メガネ型ウエアラブル端末「Wearvue(ウェアビュー) TG-1」を同日から国内企業向けに受注開始したと発表した(写真)。作業手順やチェックリストをレンズ越しに表示させることで、インフラ保守管理、工場や倉庫内の作業をハンズフリー化できる。端末の単体価格は20万円(税別)で、出荷開始は2月29日の予定。

 メガネの右側単眼に720p(1280×720ドット)映像を投映するディスプレイデバイスで、タブレットPCなど市販のWindows端末とケーブル接続して使用する。接客業務でも違和感を持たれないようメガネとして自然なデザインを採用。軽くて快適な装着性で長時間の作業でもストレスなく使えるという。

 投映部を側面後方に配置する「光学シースルー型バーチャルイメージ方式」を採用し、広い視野を確保。投映角度を調整できるPA(パーソナルアジャスター)機構を搭載することで、顔形状や顔間距離がさまざまな日本人成年の98%をカバーした。

 Windowsで動作するアプリケーションを別途開発する必要がある。同社では、アプリケーション開発に必要なSDK(ソフトウエア開発キット)を2月29日から製品Webサイトから無償ダウンロードできるようにする予定。本体寸法は幅167.9×奥行き162.5×高さ38.0mm、重さ約50g。

製品情報
東芝のWebサイト