写真●キーボードPC WP004
[画像のクリックで拡大表示]

 テックウインドは、パソコンとキーボードを一体化したキーボード型デバイス「キーボードPC WP004」を2016年1月中旬に発売する(写真)。家庭やビジネスのほか、デジタルサイネージやPOS端末、教育現場、コールセンター向けの業務専用端末としての用途も想定した。価格は未定だが、2万円台で調整中。

 キーボードはフルサイズ86キー日本語配列で、パソコンにはWindows 10 Home(32bit版)をプリインストールした。製品の表面積が広く放熱性に優れるためファンレス設計を採用し、静音動作を可能にした。本体手前にタッチパッドを備え、マウスを別途用意しなくても本体のみで操作できる。

 インテルAtom Z3735Fプロセッサーと2GBメインメモリー、32GB eMMCを搭載。インタフェースはmicroSDカードスロット、USB 2.0が2個、HDMIとアナログRGBが各1系統、有線LANなど。本体色は「ホワイト」「ブラック」の2種類。本体寸法は幅287×高さ125×厚さ26.5mm、重さは約288g。

テックウインドのWebサイト