図1●「EhimeあんしんWi-Fiアプリ」の画面。VPN接続でフリーWi-Fiを利用できる
(出所:トレンドマイクロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 トレンドマイクロは2015年11月17日、無料公衆無線LAN(フリーWi-Fi)の運営者向けにセキュリティサービス「あんしんフリーWi-Fi」の提供を開始すると発表した。

 同日から2016年3月末まで、愛媛県公衆無線LAN推進協議会が運営し、愛媛県内の観光・公共施設や店舗などで利用できる「えひめFree Wi-Fi」で、あんしんフリーWi-Fi運用の実証実験を実施する。それ以外の国内の地方自治体や通信事業者にも順次提供を始める。

 あんしんフリーWi-Fiは、運営者が提供するスマートフォン用アプリをインストールして使う。実証実験では、iOS/Android用の「EhimeあんしんWi-Fiアプリ」(図1)をアプリストアを通じて配布する。

 アプリを入れた状態でWi-Fiアクセスポイントに接続すると、通信内容がVPNで暗号化される(図2)。一般にフリーWi-Fiで問題になりやすい第三者による傍受が困難になる。さらに、Webサイト利用時は、トレンドマイクロのセキュリティ基盤を経由して通信する。フィッシング詐欺サイトや偽サイトなどへのアクセスは自動的にブロックされる。

図2●トレンドマイクロが提供する「あんしんフリーWi-Fi」の仕組み
(出所:トレンドマイクロ)
[画像のクリックで拡大表示]