[画像のクリックで拡大表示]
富士通ベトナムの工藤 成社長

 2015年10月13日、富士通はベトナム・ホーチミン市でプライベートイベント「富士通アジアカンファレンス」を開催した。昨年度に続くASEAN地域でのシリーズイベントで、ホーチミンは2015年度の第1回である。カンファレンスには、ベトナムの顧客企業やパートナー企業が参加。オープニングの挨拶に立った富士通ベトナムの工藤 成社長は、「ICTを通じてベトナム社会の発展に貢献していきたい」と話した。

[画像のクリックで拡大表示]

 富士通アジアカンファレンスの目的は、現地における既存顧客・パートナーへの富士通の認知度アップと関係強化、そして「ソーシャルイノベーション」の訴求である。講演では、まず斎藤淳一執行役員Asiaリージョン長が登壇し、同社のアジア事業の概要を説明。アジアにおけるロケーション、人材、良好な気候や豊富な資源など、ベトナムを重視する理由を挙げるとともに、「ベトナムはこれから、農業、環境、ヘルスケアなど、いろいろな分野で、さらに発展していく。富士通はそれを支援していきたい」とメッセージを送った。

[画像のクリックで拡大表示]
富士通の斎藤淳一執行役員Asiaリージョン長

 斎藤Asiaリージョン長の次には、ベトナム・ポスト&テレコミュニケーショングループ、副ゼネラルマネージャーのト・マン・クオン(To Manh Quong)氏がゲストスピーチで壇上に立った。同氏は「ベトナムでのICT活用における通信事業者の役割」と題して、ブロードバンドが広がりつつあるベトナムのICT環境や、ICT活用の実情・動向などを紹介した。

[画像のクリックで拡大表示]
ベトナム・ポスト&テレコミュニケーショングループ、副ゼネラルマネージャーのト・マン・クオン(To Manh Quong)氏

 続く基調講演には、木滑幹人常務理事グローバルマーケティング本部長が登壇。「イノベーションを起こしていくためには、人、情報、そしてインフラを融合させて変革していく必要がある」として、同社の「Human Centric Innovation」という考え方を説明するとともに、具体的な例を交えながら同社が手掛ける事業を紹介した。

イノベーションのカギは「人」

 例として最初に挙げたのは位置情報クラウド「SPATIOWL」。車の位置、時刻、速度などのデータを収集して分析し、渋滞状況や目的地までの所要時間などの情報を生成、提供するサービスである。既に日本で採用例があるほか、インドネシアの高速道路向け交通情報提供や、フィリピンの電動三輪タクシー向け情報提供などでも採用されている。後者は、最寄りの充電スポット、最も電力消費の少ないルートを案内するものだ。これらは主にクルマを対象とした交通高度化の例だが、シンガポールではさらに、一歩先を目指している。SPATIOWLを人口過密や交通渋滞の問題解決、資源の有効活用など、より幅広い社会課題の解決に活用しようと、富士通、シンガポール科学技術庁、シンガポール経営大学で共同研究を始めたという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら