2015年10月9日、テクノロジーを活用した教育系ベンチャー、いわゆるEdTechの公開コンテスト「EdTech Japan Global Pitch」が都内で開催された。主催はデジタルハリウッド大学院大学。同校の佐藤昌宏教授は「日本から海外にEdTechが出ていくシーンを作っていきたい」と切り出し(写真1)、日本発のEdTech13社が3分間のピッチ(ショートプレゼン)に立ち、自らのサービスや製品を審査員に英語でアピールした(写真2)。

写真1●「EdTech Japan Global Pitch」を説明するデジタルハリウッド大学院大学教授の佐藤昌宏氏
[画像のクリックで拡大表示]

 同校はこれまでも「EdTech JAPAN Pitch Festival」を主催しEdTechを支援してきたが、今回のEdTech Japan Global Pitchは、国際的なEdTechのコンテストである「The Global EdTech Startups Awards」のアジア枠予選を兼ねている点が異なる。さらに2016年3月に米国テキサス州のオースティンで開催される 「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)edu Conference & Festival」(音楽、ネット、映像コンテンツなどのジャンル横断イベントであるSXSWの中で教育に焦点を当てたイベント)の優先枠の予選を兼ねており、日本発のEdTechが世界に出ていくための登竜門といった位置付けになっている。

写真2●英語でピッチをする登壇者。写真はサカワ常務取締役の坂和寿忠氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら