「ペットの見守りから天体観測まで、今年は作品のバリエーションがさらに広がった」(審査委員長の青山学院大学・津田塾大学非常勤講師の阿部和広氏)―。日経Linuxと日経ソフトウエアは2015年9月29日、「みんなのラズパイコンテスト2015」の受賞作品を発表した。第2回となる今回は、Raspberry Pi(ラズパイ)を活用したアイデアや制作物を2015年5月28日~8月31日に募集。身近な問題を解決するアイデアから、すぐに実用化できそうな作品まで、103件の応募があった。その中から、賞品10万円のグランプリをはじめ、35の受賞作品が選ばれた(表1)。

表1 グランプリなど主要な受賞作品
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は新たに、Raspberry Piの開発元である英国Raspberry Pi財団とJapan Raspberry Pi Users Groupから「ラズベリーパイ財団賞」、本コンテストのイメージキャラクターでモデル・タレントの藤田ニコル(にこるん)さんから「にこるん賞」が贈られた(表2)。

表2 今回新たに設けた賞と協賛各社による賞の受賞作品
[画像のクリックで拡大表示]

 本コンテストの受賞作品発表会を2015年10月2日午後3時からITpro EXPOで開催する。にこるんも登壇するので、ぜひ参加してほしい。

自動補正で美しい星空を撮影

 グランプリを獲得したのは、大槻正樹さんの「天体を静止画として長時間撮影できる装置」だ(図1)。

図1 グランプリを取った「天体を静止画として長時間撮影できる装置」の仕組み
[画像のクリックで拡大表示]
図2 撮影した「M16 わし星雲」
露出4分の画像を6枚合成した。焦点距離2000mmの望遠鏡を用いた。
[画像のクリックで拡大表示]

 長時間露光すると地球の自転により流れてしまう星空を、静止画として美しく撮影できるようにした(図2)。

 撮影には、市販されている「赤道儀」を使い、その精度を補うためにラズパイを使った。赤道儀は電源を入れると地球の自転と同じ速度で回転して、撮影時に星が流れるのを防ぐ。しかし、焦点距離が長い超望遠レンズを使うと、赤道儀だけでは精度が足りない。このため、もう一つ取り付けた望遠鏡(補正用望遠鏡)で特定の星を監視し、ずれたときに手動でコントローラーを操作して補正しなければならない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら