写真1●「Amazon Fire TV」を掲げる米アマゾン・ドット・コムのピーター・ラーセン氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●4K映像対応などの性能を訴求
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾン ジャパン(Amazon.co.jp)は2015年9月24日、音声認識リモコン付きセットトップボックス「Amazon Fire TV」の予約販売を同日から開始すると発表した(写真1)。HDMI端子付きテレビに接続して動画を再生できる(関連記事)。

 価格は1万2980円(税込み)。10月28日から順次発送する。9月24日から26日までの3日間限定で、「Amazonプライム会員」の既存会員は9980円(同)で購入でき、非会員は新規登録を条件にAmazonギフト券を還元する販促キャンペーンを実施する。

 Amazon Fire TVは強力なプロセッサーとGPU(Power VR GX6250)を搭載し、4K映像(2160p、最大30フレーム毎秒)を再生できる(写真2)。大容量の映像データをストリーミング受信するために、デュアルバンド・デュアルアンテナ(MIMO)の無線LAN(Wi-Fi)に対応する。

 本体サイズは幅115×奥行き115×高さ17.8ミリメートルで、重さ約270グラム。2ギガバイトのメモリー(LPDDR3)を搭載と8ギガバイトのストレージを搭載し、microSDカードスロット(最大128ギガバイト)を使った容量拡張にも対応する。音声認識リモコンが付属し、コンテンツ検索に使える。

 現状では4K映像を再生できるテレビ(ディスプレイ)は普及途上で、Amazon Fire TVの競合製品の一つである米Appleの「Apple TV」などは4Kに対応していない(関連記事:「Apple TV」の新モデルを発表、Siriに対応、タッチ操作も可能に)。

 米アマゾン・ドット・コムの製品管理・事業開発・アマゾンデバイセズ担当バイスプレジデントを務めるピーター・ラーセン(Peter Larsen)氏は、「一度4K映像の画質を体感したら、(現在主流の)フルHD画質には戻れなくなる。4Kテレビ市場は年率数倍の勢いで成長している。今は4K対応テレビを持っていなくても、Amazon Fire TVで準備しておいてほしい」とアピールした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら