画面●CAFISサービスの障害原因を掲載したNTTデータのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは9月6日、5日にクレジットカード決済インフラ「CAFIS(キャフィス)」に障害が発生した原因について、ハードウエア障害によるサーバーダウンだったことを公表した(画面)。5日の午後4時6分ころから午後5時39分までCAFIS経由でのクレジットカード取引に影響が生じた(関連記事:CAFISに障害、全国的にクレカ決済が2時間ほど利用できず)。「障害中は3割の取り引きを処置できなかったり遅延したりした」(NTTデータ広報)という。

 障害の直接原因はFEP(フロントエンドプロセッサ)サーバーと呼ぶ、大量の処理を振り分けるサーバーがダウンしたこと。ハードウエアが不安定になり、それをコントロールするミドルウエアも制御しきれず、ダウンしたという。

 FEPサーバーは複数台あるが、そのうちの1台がタウンした。SEが状況を把握、判断した上で待機系のサーバーに切り替えて復旧させたという。サーバーが不安定になった原因やミドルウエアが制御できなかった理由、切り替えに時間がかかった経緯などは公表していない。

 NTTデータは「多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。CAFISサービスの安定運用に向けて鋭意取り組んで参ります」としている。

NTTデータの発表資料1

NTTデータの発表資料2