図●「VOICE」の概略図
[画像のクリックで拡大表示]

 フジテレビジョンは2015年8月18日、「FIVBワールドカップバレーボール2015男女大会」(8月22日~9月23日開催)の中継に対し、同大会初の「デジタルワールドカップ」と題して、様々なデジタルメディアを活用した番組企画を実施すると発表した。

 例えば、フジテレビがヤマキ電気の協力の下で開発した新システムの「VOICE(=Visualization Of Internet and Court Emotion)」を活用して、「ナイスプレイ投票」企画を行う。試合会場での歓声の音声レベルをリアルタイムに数値化したデータと、視聴者が試合中に「いいね!」と感じたプレーの瞬間にスマホやパソコン、データ放送から「ナイスプレイ!」ボタンを連打することにより投票される票の集計結果を独自のアルゴリズムで掛け合わせる。これにより、観客ならびに視聴者の試合の盛り上がり度合いを「VOICE」を用いて即時に可視化する()。

 「VOICE」により可視化されたデータはスマホサイトやWebサイト、データ放送上にグラフで反映する。各セット終了後には、セット内で最も盛り上がったシーンの動画クリップ(30秒程度)を生成し、公式サイトやSNS、LINE上で即時配信を行う。

 さらに地上波とBS、CS、インターネットの4M(4メディア)体制での中継を行う。地上波とBS放送、CS放送で中継するほか、全132試合のインターネット配信を実施する。全日本の試合は放送終了後、FOD(フジテレビオンデマンド)の見逃し配信で視聴できるようにする。海外勢の試合は番組のWebページ上でライブ配信を行う。

 最新技術を取り入れた精緻なデータ表示にも取り組む。ポラール・エレクトロ・ジャパンの協力の下、全日本女子チーム選手のリアルタイム心拍数表示装置やスパイク時の「高さ」や「速さ」などを測定する映像解析システムである「モーションスカウター」を導入するなどして、視聴者に会場の臨場感を伝えるべく様々なアプローチで本大会の中継に臨む。