図1●週に一回以上接触している動画メディア(サイバーエージェントのWebサイトより引用)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●PC媒体で週一回以上接触している動画メディア(サイバーエージェントのWebサイトより引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 サイバーエージェントは2015年8月10日、動画メディアの利用状況の調査結果を発表した。10代はスマートフォンで動画を視聴する割合が80%で、テレビとほぼ同水準。10代~40代は約半数以上がPCから動画を視聴し、20代以下に限ればスマホとPCでネット動画を見る割合は6割に達した。若年層へネット動画が浸透している傾向が鮮明になった。

 全国47都道府県の15~69歳のインターネットを利用する男女を対象に、インターネット上で調査した。調査対象人数は3万人で、調査期間は2015年6月9日から6月11日。

 15~19歳がスマートフォンで動画を視聴する割合は80%、テレビは85%だった(図1)。10代はPCで動画を視聴する割合が最も低かったのに対して、20代から上はスマホよりもPCの割合が高い結果となり、10代にとってスマホが動画視聴の主要な機器になっていることが分かった。

 テレビの視聴割合は全世代で9割前後と高い比率を維持した。ただし年代が下がるにつれてその割合も低くなり、代わってPCとスマホの割合が高くなるなど、若年層ほどネット動画に親しんでいる構図がみてとれた。

 視聴しているネット動画の種類では、PC、スマホともYouTubeが男女別、世代別いずれも最も高かった(図2)。PCでは男性の若年層の7割がYouTubeを視聴、次いでニコニコ動画が10代~20代男性の3人に1人が利用している結果となった。

 女性が利用する割合が高いのがソーシャルメディアだ。調査ではFacebookやTwitterに加え、スマホ向けのLINEや6秒動画のVine(バイン)、女子中高生に人気のMixChannelなどで動画を視聴する割合を尋ねた。女性の若年層はこれらソーシャルメディア経由でネット動画を視聴する割合が、他の世代よりも高かった。特にスマホでソーシャルメディアの動画を見る割合は、10代女性では半数以上とYouTubeに迫るほどだった。