写真1●KADOKAWA・DWANGOの川上量生代表取締役社長と角川歴彦取締役相談役
[画像のクリックで拡大表示]

 KADOKAWA・DWANGOは2015年7月9日、2016年春に通信制高校を開校すると発表した(写真1)。PCやスマートデバイスを使い、インターネット経由でいつでも授業を受けられる。「デジタルネイティブ世代が夢見る理想の高校を目指す」(同社の川上量生代表取締役社長)。

 同社は2015年3月に、単位制による通信制(広域)の高等学校を設置する計画書を沖縄県に提出済みで、現在審査中。カリキュラムなどの審査が通れば、双方向学習Webサイトを開設し、2016年春に通信制高校を開校する。

「ドワンゴも元はドロップアウトした人の集まり」

 川上社長は、KADOKAWA・DWANGOが教育事業に参入する理由として「我々だからこそ、今の高校生が望むような高校を作れると考えた」と語った。以下、発言の要旨を紹介する。

 「今の不登校の人は、確実にニコニコ動画か、角川のライトノベルを読んでいる(笑)。だからこそ、僕らなりに、不登校の問題で解決できることがあるのでは、と考えた」

 「元々ドワンゴは、ネットをやりすぎてドロップアウトした人を中心に作られた会社。社会生活は送れないが、プログラミングを通じてネットサービスを作る力はあった」

 「不登校の高校生は、ネットに逃げているともいえるし、ネットに救われているともいえる。むしろ、今のネット社会にこそ適性があり、『隠れた財産として眠っている』といえるのでは」

ニコ生の次期バージョンを基にシステム開発

 双方向学習のシステム基盤については、ニコニコ生放送の次期バージョンをベースに独自開発している(写真2)。ネットでの授業に加えて、ネット、リアルの双方で「学園生活」を実現する仕組みも設ける。「文化祭の一環で、ニコニコ超会議に屋台を出すとかできたら面白そうだ」(川上社長)。

写真2●ネット授業のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 高校としての通常授業のほか、キャリア教育も行う。単位外の講義として、「プログラミング」「ゲーム」「アニメ・イラスト」「小説家・ライター」「ビジネス・経済」などの授業を行う。「例えば、ライトノベル作家に一日校長、『超校長』になってもらおうと考えている」(同社取締役相談役の角川歴彦氏)。地方自治体と連携した職業体験も企画する。