写真1●デュオリンゴ創業者のルイス・フォン・アン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 オンライン語学学習アプリの米デュオリンゴは2015年6月10日、米グーグルキャピタルなどを中心に計4500万ドル(約55億円)の資金調達を実施したと発表した。

 同社が無償で提供する語学学習アプリ「Duolingo」は、世界で1億人以上のユーザーを抱える(創業者ルイス・フォン・アン氏へのインタビュー)。加えて、語学教材としてDuolingoを採用する教職員向けのサービス「Duolingo for Schools」は、10万人以上の教職員が登録している。同サービスでは、教職員は登録した生徒アカウントについて学習進捗を管理できる。

 デュオリンゴが今後の重要な収入源の一つと考えているのが、TOEICやTOEFLなどの代替としてユーザーの語学力を検定する有償テスト「Test Center」だ。現在は、20ドルで英語力を検定するサービスを提供している。

 検定結果を保証するため、Webカメラなどによる身分証明書の確認やテスト中の監視を通じ、「替え玉受験」などの不正を防いでいる。クラウドソーシング大手の米オーデスクは、Duolingoによる英語検定を、登録者の英語力の証明として使っているという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら