近畿大学付属高等学校・中学校は2015年5月16日、中学生を対象としたiPadアプリの開発体験会を実施した。参加は任意だが、中学1年生を中心に、中学2年、3年生を含めた計37人が約3時間にもおよぶ参加型のプログラミング体験に集中して取り組んだ(写真1)。

写真1●近畿大学付属高等学校・中学校の中学生を対象に、ライフイズテックがプログラミング体験会
[画像のクリックで拡大表示]

 カリキュラムを提供し、講義を実施したのは中高生向けのプログラミングキャンプなどを運営するライフイズテック。同社は関西地区で既にプログラミングキャンプを展開しているが、中学・高校を会場としたプログラミング体験会は関西では初となる。近畿大学付属中学・高等学校は全校生徒がiPadを所有して授業に活用しており、アプリを使うことに生徒はなじんでいる。だが、アプリを作るのは、ほとんどの生徒にとって初めての体験となる。

 今回の体験会では、生徒は背景画像を自分の好みの画像に設定したカウントアプリを作成する(写真2)。生徒1人につき1台のMacBook Airが用意され、ライフイズテック側でiOS向けのソフトウエア開発ツールである「Xcode」や、カウントアプリで使う部品(文字を表示するラベル、タップすると加算する+ボタン)を事前に準備している。生徒はこれらを使って、ライフイズテックが用意したテキスト並びにメンターへの質問を通して開発を進めていく。

写真2●カウントアプリを作成。生徒は好みの背景画像などを自ら設定してオリジナルアプリ作りに取り組む
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら