NTTドコモが2015年5月13日に開催した夏モデル発表会では、スマートフォン8機種、タブレット2機種、フィーチャーフォン2機種の合計12機種が新製品として登場した(写真1、2)。

写真1●ドコモが2015年夏モデルを発表
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●スマートフォン、タブレット、フィーチャーフォンの全12機種が登場
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴として、「Galaxy S6 edge」などスマートフォン5機種、「Xperia Z4 Tablet」などのタブレット2機種が、ドコモのLTE-Advanced通信「PREMIUM 4G」に対応する。PREMIUM 4Gは4月30日時点で38都道府県・128都市に展開している。これらのエリア内では受信時最大225Mbpsの高速通信を利用できるとしている。

 LTEの国際ローミングについては、Galaxy S6 edgeなど9機種が700MHz帯(FDD-LTE)に対応。Galaxy S6 edge、「Galaxy S6」、「ARROWS NX」の3機種はTD-LTEに対応しており、北米や中国でのLTEローミングを利用可能となっている。

 OSは、スマートフォン、タブレットの全機種がAndroid 5.0を採用する。以下、各機種の特徴を紹介する。

世界初の虹彩認証スマホ「ARROWS NX F-04G」

 発表会で最も大きく取り上げたのが、富士通の「ARROWS NX F-04G」だ。富士通によれば、虹彩認証を搭載するスマートフォンとしては世界初としている(写真3、4)。

写真3●ARROWS NX F-04G
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●富士通は世界初の虹彩認証に対応したスマートフォンとする
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら