画面1●Instagram上で展開する日清食品「チキンラーメン」の広告
[画像のクリックで拡大表示]
画面2●インスタグラム自身も広告開始を知らせる告知広告を配信
[画像のクリックで拡大表示]

 米フェイスブック(Facebook)傘下のインスタグラムは2015年5月11日(日本時間)、同社が運営するスマートフォン向け写真・動画SNSの「Instagram」で、日本のユーザー向けの広告配信を始めると発表した。近日中に、一部ユーザーのフィード(写真・動画を一覧できる画面)に広告が挿入されるようになる。

 当初は広告主として、日清食品(「チキンラーメン」ブランド、画面1)、土屋鞄製造所、化粧品の日本ロレアル(「ランコム」ブランド)の3社が参加する。

 広告は他ユーザーの投稿と並んで正方形の写真・動画として表示されるが、投稿の右上に「広告」と明示され、一般の投稿と区別される。これまで見慣れたフィードに溶け込んでユーザーに違和感なく受け入れられるように、広告デザイン上の配慮をするという。

 インスタグラムは日本でのユーザー数を公表していないが、全世界では2014年12月に月間アクティブユーザー数が3億人を突破している(関連記事:Instagramの月間アクティブユーザーが3億人突破、Twitterを上回る)。1日平均の利用時間は21分間(2015年3月時点)で、比較的接触時間が長いユーザーが多い。

 インスタグラムは既に米国やカナダ、英国など7カ国で広告表示を始めており、日本は8カ国目となる(関連記事:Instagram、数カ月以内に広告表示を開始、当初は米国から)。日本でも過去1年でアクティブユーザー数が2倍以上に急増しており、広告事業が成立すると判断した。自身もInstagramアプリ内で、広告開始を告知する広告を出している(画面2)。

関連記事:Instagramの“撮影オフ会”が熱い! Twitterを超える人気の秘密を探る