ハイテク業界、そして金融業界が注目する米Salesforce買収の憶測。その最中の2015年5月5~7日に欧州SAPが米フロリダ州オーランドで開催した年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW 2015」で、CEO(最高経営責任者)を務めるBill McDermott氏(写真)は「Salesforceの買収? 興味ゼロだ」と語った。

写真●SAPでCEOを務めるBill McDermott氏
[画像のクリックで拡大表示]

 SAPは同カンファレンスで、2月に発表した次世代ビジネススイート「S/4HANA(SAP Business Suite 4 SAP HANA)」を全面に押し出した。パブリッククラウド環境で利用する「cloud edition」を正式に発表したほか、高速、シンプル化などの特徴を活用して企業に“Run Simple”とデジタル時代に向けたビジネスモデルの変革を呼びかけた。

 記者からの質問に対するMcDermott氏の発言は以下の通り。

●今年のSAPPHIRE NOWのキーメッセージ

 “Run Simple”だ。Run Simpleは会社の方針であり、ブランドでもある。

 Run Simpleはデータ主導とシームレスの2点から説明できる。インメモリーデータベースの「HANA」を使えば、一つのデータプラットフォームで全てを動かすことができる。システムをシンプルにして、データの最大活用にフォーカスできる。これがデータ主導だ。

 シームレスは、自社の社員同士、あるいは顧客とのやり取りや取引を継ぎ目なく(シームレスに)実行することだ。その中で、どのように顧客体験をデジタル化し、収益に変えるかが重要になる。

 さらに、ビジネスネットワークを利用してビジネスを拡大していく必要がある。われわれは購買ネットワークのAriba、派遣管理のFieldglass、それに経費精算のConcurを買収している。これらのビジネスネットワークを利用して、社外とも接続できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら