画面●実況のサンプル画面
[画像のクリックで拡大表示]

 サイバーエージェントはゲームをプレーしている様子を解説するインターネット動画の製作受託サービスを始める。「実況」と呼ぶゲーム解説動画の製作と配信で人気を博している「実況主」と呼ぶ利用者200人を組織。ゲーム企業から受託した新作ゲームの実況動画を製作し、動画投稿サイト「YouTube」などで配信する。人気分野として消費者に定着した実況動画を通じ、ゲーム企業のマーケティングを支援する。

 サービス名称は「PLAY CLIP(プレイクリップ)」。連結子会社で、ネット動画の製作やPR事業を手がける渋谷クリップクリエイトを通じて6日から提供を始める。

 ゲームをプレーしている画面や自身の様子をYouTubeや「ニコニコ生放送」で配信する、「実況」と呼ぶネット動画が人気を集めている。渋谷クリップクリエイトは人気の高い実況者を約200人組織。ゲーム企業の要望に応じて実況者を選び、新作ゲームなどの実況動画を製作、配信する。

 ゲーム企業は人気のある実況者を自社で個別に手配する必要がなくなる。配信したゲーム実況動画の最低再生回数を指定することもでき、効率的に自社作品を宣伝できる。  渋谷クリップクリエイトはゲームに限らず、ネット動画を使った企業のマーケティングやPR全般を手がける。スマホの世帯普及率が5割を超えて、消費者が動画を視聴する時間と機会が増加。企業にとって動画を使った宣伝やマーケティングの巧拙が、消費者の支持を左右する大きな要因になりつつある。