写真●セールスフォース・ドットコムの川原均取締役社長(写真:井上 裕康)
[画像のクリックで拡大表示]

 セールスフォース・ドットコムの川原均取締役社長兼COO(最高執行責任者)は、2015年3月13日、「Cloud Days Tokyo/ビッグデータEXPO/スマートフォン&タブレット/Security/IoT Japan」で講演した(写真)。テーマは「すべてのヒト、モノ、コトがつながる時代のイノベーション」。

 「何十億ものスマートフォンと何百億ものセンサーが普及した現在、様々なモノがインターネットにつながるのは当たり前になった。重要なのはサービスの創出につなげること」。IoT(Internet of Things)との言葉が広く知れ渡るようになった現状について、川原氏は講演の冒頭でこう指摘。IoTを使ったサービスで顧客に価値を提供することを“IoC(Internet of Customers)”と表現した。

 川原氏はIoCを実現している企業として、まず医学研究用の試薬を販売する英ニュー・イングランド・バイオラボと、米国カリフォルニア州にある病院のUCSF医療センターを紹介した。いずれも、セールスフォース・ドットコムのプラットフォームを採用している。

 ニュー・イングランド・バイオラボは、顧客の研究室が試薬を保存する冷蔵庫にセンサーを取り付けている。試薬の数などを計測してニュー・イングランド・バイオラボが収集、そのデータを補充品の販売に生かしている。UCSF医療センターはiPadや時計型のウエアラブル端末を利用して、業務の最適化を図っている。iPadには問診用アプリが入っており、来院した患者が診察前に入力する。ウエアラブル端末は、入院患者の健康状態を可視化するために導入した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら