ソニーモバイルコミュニケーションズは、スペイン・バルセロナで2015年3月2日に開幕した「Mobile World Congress 2015」(MWC2015)でプレスイベントを開催し、フラグシップタブレット「Xperia Z4 Tablet」などの新製品を発表した(写真1)。

写真1●MWC2015のソニーモバイルブース
[画像のクリックで拡大表示]

 会見には、同社社長の十時裕樹氏が登壇。「成功への道は、コストカットではない。スマホ事業のコアを最適化し、新しいアイデアや事業機会、働き方を取り入れる。どのような変化に直面しても、感動と喜びを与えるプロダクトを作ることだ」と語った(写真2)。

写真2●MWC2015のプレスイベントに登壇したソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーモバイルの新製品はフラグシップタブレット「Xperia Z4 Tablet」と、海外向け防水ミドルレンジスマホ「Xperia M4 Aqua」の2機種が中心となり、例年発表されてきたフラグシップスマートフォン「Xperia Z」シリーズの最新モデルは見送られる形となった。

世界最軽量の10.1型タブレット「Xperia Z4 Tablet」

 MWC2015におけるソニーモバイルの発表の目玉となったのが、フラグシップタブレットの「Xperia Z4 Tablet」だ。2015年6月以降に、日本を含む各市場で発売予定となっている(写真3)。

写真3●「Xperia Z4 Tablet」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら