写真●「INTERPOL Global Complex for Innovation」の総局長を務める中谷昇氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「インターポール(国際刑事警察機構)というと、ルパン三世の銭形警部を思い浮かべる人が多いだろう。だが実態は異なる。各国の警察機関が連携するためのISPを運用することなどが仕事だ」。インターポールのサイバー犯罪対策組織「INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)」の総局長を務める中谷昇氏は2015年2月27日、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)主催のフォーラムに登壇し、インターポールや産学官連携の重要性などについて解説した(写真)。

 JC3とは、警察などの捜査機関、大学などの学術機関、セキュリティベンダーなどの民間企業によって組織される、サイバー犯罪対策の国内組織(関連記事:攻撃者の「無力化」を図る、産官学連携のサイバー犯罪対策組織が始動)。捜査機関が加わることで、情報共有だけではなく、サイバー犯罪者の逮捕や資金の押収といった脅威の無力化を図れる。

 基調講演に登壇した中谷氏は、インターポールの役割を「加盟する国・地域の警察機関の連携を図ること」と説明。主な業務として、(1)警察機関向けのISP、(2)セキュアクラウドサービス、(3)グローバルコーディネーターの三つを挙げる。

 「警察機関向けのISP」とは、VPNを使ったセキュアな通信インフラを提供すること。このインフラを使えば、国交がない国同士も情報を交換できるという。

 「セキュアクラウドサービス」は、ネットワーク経由で捜査に必要なデータベースを提供するサービス。データベースの情報は、加盟国の警察機関が追加および更新し、ほかの加盟国が参照できるようにする。データベースの内容は、「逃亡犯罪者」「DNAや指紋」「盗難・紛失した旅券等」など。

 「グローバルコーディネーター」は、加盟国の警察機関の能力向上を図ること。国境を越えて犯人が逃げた場合、逃げた先の国に犯人の確保を頼む必要があるからだ。国の間で能力に大きな差があると、犯人に逃げられてしまう。「被害に遭った国と犯人の所在地が異なることが多いサイバー犯罪では、特に重要になる」(中谷氏)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら