NTTとNTTデータは2014年12月18日、両社の従業員3人がオープンソースソフトウエア(OSS)の分散データ処理ソフトである「Hadoop」やHadoop関連プロジェクトにおける開発の中心メンバーである「コミッタ」に就任したと発表した。コミッタは、プログラムを書き換える権限(コミット権)を持つ開発者のこと。日本企業からHadoopのコミッタを輩出するのは、これが初めてとなる。

 米Apacheソフトウエアファウンデーションが開発を主導するHadoopのコミッタに就任したのは、NTTの研究部門であるソフトウェアイノベーションセンタに所属する小沢健史氏(写真1)と、NTTデータ基盤システム事業本部の鯵坂明氏(写真2)。NTTデータ基盤システム事業本部の岩崎正剛氏(写真3)は、Hadoopの周辺ツールで、ノード間の連携状態などを調査するトレーシングツール「HTrace」のコミッタに就任した。

写真1●NTT ソフトウェアイノベーションセンタの小沢健史氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●NTTデータ基盤システム事業本部の鯵坂明氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●NTTデータ基盤システム事業本部の岩崎正剛氏
[画像のクリックで拡大表示]

NTTデータ単独で顧客の要望に対応

 両社がHadoopのコミッタの輩出を目指したのは、NTTデータのHadoop関連ビジネスを強化するためだ。

 NTTデータがHadoopを使ったシステム構築やサポートのビジネスを始めたのは2010年のこと。当初はHadoopのディストリビューション(検証済みパッケージ)を販売する米クラウデラと提携し、顧客からHadoopに対するバグ修正や機能改善などの要望が寄せられた場合は、クラウデラにパッチ開発などを依頼していた。

 現在は、NTTデータ自身がHadoopのソースコード開発を手がける「コントリビューター(貢献者)」を10人ほど社内に抱え、顧客の要望にNTTデータが単独で対応する体制を整えている。新たにコミッタも社内に擁することで、「Hadoopの構築サービスやサポートサービスを手がける競合企業に対して、実力で差を付けられるようになる」(NTTデータ 基盤システム事業本部の濱野賢一朗氏)と、もくろむ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら