写真●米トレジャーデータの太田一樹CTO(最高技術責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビッグデータ分析のクラウドサービスを提供する米トレジャーデータは2014年12月17日、東京都内で記者会見を開き、現在のビジネス状況や新機能などを説明した。同社の「Treasure Data Service」は現在120社が利用しており、毎秒40万件のレコードが新規に追加されているほか、サービス全体では11兆件ものレコードが保管されているという(写真)。

 同社の共同創業者である太田一樹CTO(最高技術責任者、写真)によれば、Treasure Data Serviceの用途は当初のサーバーログの分析から、モバイルアプリケーションが生み出すデータや、IoT(Internet of Things)と呼ばれるインターネットにつながる様々なデバイスが生み出すデータの分析へと広がりつつあるという。

 同社はサービス開始当初から、データを蓄積して分析するデータウエアハウス(DWH)のサービスに加えて、データをDWHへと収集するデータコレクターの機能をサービスとして提供する。従来のデータコレクターは、同社がオープンソースソフトウエア(OSS)として公開する「Fluentd」をベースとしたサーバーにインストールするエージェント型だった。今後は、データの発生源がサーバーからモバイルやIoTデバイスへと拡大するのに対応して、モバイルやIoTデバイスに対応したデータコレクターを整備する。

モバイル向けにデータコレクターを追加

 その新しいデータコレクターが、トレジャーデータが同日発表した「Treasure Data Collectors」である。Treasure Data Collectorsの実態はスマートフォン用アプリケーションの開発者が使用するソフトウエア開発キット(SDK)であり、開発者はTreasure Data Collectorsを使うと、スマートフォンのアプリケーションのログデータをTreasure Data Serviceにアップロードする機能を簡単に作り込めるようになる。SDKは「iOS」と「Android」に対応したもののほか、ゲーム開発ツールである「Unity」に対応したものがある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら