米Googleの社内ベンチャーNiantic Labs(ナイアンテックラボ)は2014年12月13日、都内で同社が提供する位置情報を使った無料のスマートフォン(スマホ)ゲーム「Ingress(イングレス)」の公式イベント「Darsana Tokyo(ダルサナ)」を開催した(写真1)。

写真1●Darsana開会式の会場となった日比谷野外音楽堂の光景
約3000人収容の音楽堂が緑と青の“エージェント”で埋め尽くされた
[画像のクリックで拡大表示]

 約5000人のエージェント(Ingressのプレイヤー)が集結。都内3カ所に別れて約半日、Ingressを楽しんだ。ダルサナはGoogleが世界各地で開催しているIngressの公式競技で国内での開催は東京が初めて。同社によると、参加者5000人は過去最大だという。

 「今日のDarsanaはIngressの歴史の中で最も大きなイベントになりました」。Niantic Labsを率いるGoogleのジョン・ハンケ副社長(写真2)が挨拶に立つと、日比谷野外音楽堂を埋め尽くしたエージェントから大きな歓声が沸く。

写真2●開会式の挨拶に立つ米Googleのジョン・ハンケ副社長
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら