「コミュニティマネージャ」が多数登壇するイベントが、2014年11月28日に開催された(写真1)。

写真1●11月28日に開催された「日本とU.S.のコミュニティマネージャに聞くコミュニティの力」
[画像のクリックで拡大表示]

 コミュニティマネージャは、オンラインやオフラインの活動を通じて、顧客とサービス提供事業者による「コミュニティ」を活性化させ、サービスへのロイヤルティを高めていく人の呼称である。顧客との関係づくりを担当する役職は以前からあったが、ソーシャルメディアの浸透に伴い、その役割が改めて注目されている。

  、今回のイベントでは、ネット企業からコミュニティマネージャが集まり、自らの経験を語った。同イベントの主催は、三菱地所が運営するEGG JAPAN(日本創生ビレッジ)であり、シリーズイベント「Meet up at EGG JAPAN」の第2弾として開催された。EGG JAPANは、ベンチャー支援のプラットフォームであり、東アジアNo.1のグローバル成長企業の集積を目指して、ベンチャー企業を丸の内地区に積極的に誘致している。

コミュニティが荒れないためにできること

 今回のイベントは3部構成で、「先達から学ぶ」をテーマにしたのが最初のセッション。登壇者はピンタレスト・ジャパンの大石結花氏、クックパッドの中山亜子氏、ツイキャスを運営するモイの丸吉宏和氏の3氏で、名刺管理サービスを提供するSansanの日比谷尚武氏がモデレータを務めた(写真2)。

写真2●左から、ピンタレスト・ジャパンの大石結花氏、ツイキャスを運営するモイの丸吉宏和氏、クックパッドの中山亜子氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら