写真●インテルとの提携を公開した伊LuxotticaのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intelは現地時間2014年12月3日、メガネ型ウエアラブルコンピュータの研究開発に関してイタリアの大手メガネメーカーLuxottica Groupと複数年の提携を結んだと発表した。両社の提携に基づいた最初の製品は来年市場に登場する見通し。

 Intelの半導体技術とソフトウエア、Luxotticaのデザイン能力と消費者に関する経験を持ち寄り、スマートテクノロジーを統合したファッション性の高いメガネ型ウエアラブル端末の研究開発を促進するとしている。

 LuxotticaのMassimo Vian最高経営責任者(CEO)は、「Intelとの協力により、アイウエアの限界を押し広げ、美しいだけでなく、情報処理能力を備えた機能的なメガネフレームの製造を主導していく」と述べた。

 米Wall Street Journalによると、Luxotticaは今年3月に米Googleと「Google Glass」に関する提携を結んでおり、2015年に傘下の「Ray-Ban」や「Oakley」ブランドからGoogle Glass向けモデルをリリースする予定。また同紙は、Googleが従来の米Texas Instruments製チップに代わってIntel製チップをGoogle Glassに採用すると12月1日に報じている。

[発表資料へ]