ジャストシステムは2014年12月2日、都内で新製品発表会を開催し、日本語ワープロソフト「一太郎2015」や、日本語入力システム「ATOK 2015」などを披露した。いずれも2015年2月6日に発売する(写真1)。

写真1●ジャストシステムが「ATOK 2015」「一太郎2015」など新製品を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会にはジャストシステム 代表取締役社長の福良伴昭氏が登壇。2015年に30周年を迎えるという一太郎の歴史を振り返った(写真2)。

写真2●ジャストシステム 代表取締役社長の福良伴昭氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「一太郎の前身となるjX-WORD太郎を発売したのは1985年のこと。その後、日本一のワープロソフトになるよう願って名付けた一太郎を発売した」(福良氏)と振り返った。当時、福良氏自身も開発メンバーだったというエピソードを披露し、「お客様からの大きな反響を糧に、夢中で開発に取り組んできた。今後も情報端末の進化に合わせ、一太郎はユーザーの思考と表現を支援するソフトウエアとして進化を続けていく」(同)と展望を語った。

ATOK 2015は変換機能が向上、新サービス「ナントカ変換」も

 ATOK 2015については、ジャストシステム CPS事業部 開発部の下岡美由紀氏が登壇。2014年を振り返り、「ATOKにとって大きな年となった。Windows、Mac、Androidに加え、iOS版を提供することができた」と語った(写真3写真4)。

写真3●ジャストシステム CPS事業部 開発部の下岡美由紀氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●ATOKのプラットフォーム対応が拡大、新たにiOS版が加わった
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら