米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の副社長兼上級エンジニアであるジェームズ・ハミルトン氏は、2014年11月11~14日(米国時間)に米ラスベガスで開催した年次イベント「AWS re:Invent 2014」で「AWS Innovation at Scale」というセッションを開いた(写真1)。AWSの各データセンター(DC)にあるサーバー台数など、クラウドサービスを支える様々な数字を公開した。

写真1●米AWS副社長兼上級エンジニアのジェームズ・ハミルトン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 AWSは世界11カ所に「リージョン」と呼ぶDC群を持つ(写真2)。各リージョンには電源、空調、ネットワーク機器などの物理的な設備が異なるDCの区画単位である「アベイラビリティゾーン(AZ)」がある。ハミルトン氏によるとAZは世界で28あり、全てのリージョンに2つ以上のAZがあるという(写真3)。

写真2●世界11カ所のリージョン内に複数のアベイラビリティゾーンがある
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●AZは合計28あり、各AZは最大で6つのDCで構成している
[画像のクリックで拡大表示]

 AZ間の通信は2ミリ秒か1ミリ秒以内で、ピーク時の通信量は25テラbpsだ。各AZは最低1つ、最大6つのDCで構成しており、1つのDCのサーバー台数は一般的に5万台以上、多い場合だと8万台以上になるとのこと(写真4)。

写真4●1つのDCには通常5万台以上か、多い場合で8万台以上のサーバーがある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら