図●国内第3のプラットフォーム市場 支出額予測、2015年~2020年
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2016年7月14日、「第3のプラットフォーム」の国内市場に関する調査結果を発表した。2016年の国内市場は前年比成長率5.8%となり、国内IT市場のマイナス0.4%、国内ICT市場のマイナス0.6%より高い成長率を達成すると予測した。

 IDC Japanは今回の調査で、クラウド、モビリティ、ビッグデータ、ソーシャルに加えて、そこから派生するIoT、次世代セキュリティ、AR&VR、認知システム、ロボティクス、3Dプリンティングで構成されるイノベーションアクセラレーター関連市場も、第3のプラットフォーム市場に含める。

 産業分野別では、オムニチャネル戦略に注力している小売業界、顧客サービス向け活用が見込まれる金融業界、製造現場での活用が顕著な組立製造業などの成長率が高い傾向にあるという。一方、企業規模別では、大企業を中心に成長率が高くなると予測した。

 また今後は、第3のプラットフォーム市場が企業向け市場を中心に成長すると指摘。2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR)を3.8%と分析し、2020年には13兆9341億円に達すると予測した()。3.8%というCAGRは、国内IT市場のCAGRである0.8%、国内ICT市場のマイナス0.3%を大きく上回る。

 2015年~2020年にかけての動向として、予測期間前半で既に一般消費者に行き渡ったモビリティをベースに、クラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長。後半にはビッグデータ市場の成長も誘発する。産業分野別では、電力・ガス自由化や2020年の東京オリンピック/パラリンピック開催にともない、公共/公益、及び官公庁、自治体分野で成長が顕著になるという。

IDCの発表資料へ