国内ソフトウェア市場予測: 2015年~2020年
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のIDC Japanは2016年5月17日、国内のソフトウェア市場に関する調査結果を発表した。2015年の市場規模は前年比4.0%増の2兆6174億2100万円と堅調に推移した。同社は、2016年の市場規模を同4.4%増と予測。2015年~2020年の年間平均成長(CAGR)を4.2%と分析し、2020年には同市場が3兆2091億円にまで拡大すると予測した。

 同社では、ソフトウェア市場をアプリケーション市場、アプリケーション開発/デプロイメント市場、システムインフラストラクチャ市場に大別し、2015年の市場別動向も調査した。アプリケーション市場が同4.5%増、アプリケーション開発/デプロイメント市場が同5.4%、システムインフラストラクチャ市場が同2.6%となった。

 最も成長率が高いアプリケーション開発/デプロイメント市場の成長の背景には、アナリティクス需要の拡大やPaaSの高い成長があると指摘。アプリケーション市場では、SaaSへの移行が進んでいるCRM(Customer Relationship Management)アプリケーション市場とコラボレーティブアプリケーション市場が好調で、PaaSとSaaSの利用拡大がソフトウェア市場の成長をけん引していると分析した。

 同社は、アプリケーション開発/デプロイメント市場では、ビッグデータ向け統計解析ツールやセルフサービス型BI(Business Intelligence)の浸透などアナリティクス関連市場の高成長が続くと指摘。PaaSもデジタルトランスフォーメーション(DX)のプラットフォームとしての採用が拡大し、高成長が継続するという。アプリケーション市場では、デジタル化によるサービスの多様化が進み、コグニティブシステムやデジタルマーケティングに関連したソフトくとウェアとクラウドサービスの急速な利用拡大が見込まれと予測している。

IDCの発表資料へ