2014年10月13日から16日(現地時間)にかけて、米・サンフランシスコで開催された米セールスフォース・ドットコムのイベント「Dreamforce 2014」では、カンファレンスだけでなく、展示会場で様々な企業が製品やソリューションを展示・デモしていた。

 日本からの出展もあり、Dreamforce 2014ではセールスフォースの出資を受けているベンチャー企業であるチームスピリット(関連記事)やサイダス(関連記事)が初出展した。

 チームスピリットは、経費精算や勤怠管理、工程管理などのクラウドサービス「チームスピリット」をセールスフォースのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)「Force.com」上で展開するベンチャー企業である(写真1)。

写真1●Dreamforce 2014に出展したチームスピリット
[画像のクリックで拡大表示]

 同社代表取締役の荻島浩司氏は米国進出に当たって、現地法人を設立する意向だという。米国では勤怠管理などの事情が日本とは全く異なるため、日本で提供しているサービスと同じものは提供できないとし、新たな開発が必要になるという。ただし、同分野は米国でも競合が少ないため、参入のチャンスはあるとしている。

 サイダスは、法人向け人事支援クラウドサービス「Performance Cloud」を提供しているベンチャー企業。3月にセールスフォースとの資本提携を発表した(写真2)。同社代表取締役の松田晋氏は、まずはパートナー企業に同社のサービスを米国で販売してもらうという。既にパートナー企業も決まっており、引き合いも来ているという。

写真2●Dreamforce 2014に出展したサイダス
[画像のクリックで拡大表示]

 セールスフォースの出資を受けているこれらのベンチャー企業は、米国進出に当たってセールスフォースの支援や助言が得られるメリットがあると述べる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら