写真◎「Linkit」のデモ。「ボット」とチャットして商品の在庫を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ACCESSは、2014年10月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2014」の会場で、ビジネスチャットツール「Linkit」を出展している。多くの企業が社内コミュニケーションツールとして利用しているメールよりも、コミュニケーションをより円滑にして、仕事のスピードを向上できるという。

 Linkitと他のチャットアプリとの違いは、(1)SSLを使って通信を暗号化している、(2)社員別・組織別に探しやすい電話帳を備えている、(3)大容量のファイルも簡単に共有できる、などである。

 サイボウズのビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」と連携して利用することも可能で、kintoneのアカウントをLinkitでも使用できる。

 展示ブースではデモを実施。アパレルショップの在庫を管理する「ボット」をユーザーとして登録。アパレルショップの店員が顧客の所望する商品の在庫をボットに問い合わせると、ボットが社内のデータベースにアクセスし、在庫のある店舗名と在庫数を記したメッセージをすぐに返してくる(写真)。

 人とチャットするようにボットとチャットすることですぐに在庫状況が分かるので、顧客を待たせることがなくなる。様々なサービスに応用可能で、仕事のスピードを向上させることができるという。

 「NoSQLのデータベースを使うなど、パフォーマンスを向上させる工夫を凝らしている。また、アカウントを作れるのは管理者に限られ、誰でも作れるわけではない。企業ごとにクローズドな環境を作り、その中の人たちだけとやり取りできるようになっている。間違って社外の人にメッセージを送ることはない」(説明員)。

 同社はLinkitの無料お試しプラン(30日間)を用意するなど、ユーザーの獲得に力を入れていく考えだ。