アシストは2014年9月25日、システムログの分析によって個人情報の漏洩を早期発見するシステムを構築するSIサービス「セキュリティログ分析ソリューション~個人情報保護対策版~」(写真)を発表、同日提供を開始した。ログ分析ソフトで利用できる情報漏洩検知用のレポートテンプレートを単体で提供するほか、このレポートテンプレートを用いたレポート出力システムの構築サービスを提供する。

写真●セキュリティログ分析ソリューション~個人情報保護対策版~の概要(出典:アシスト)

 前提となるセキュリティログ分析ソリューションとは、ログ分析システムの構築サービスである。ログ分析ソフトとして、インテックが開発した「LogRevi」を使う(関連記事:インテック、所属部署のデータだけを自動抽出できる統合ログ管理ソフト)。アシストは、用途に合わせてLogReviのレポートテンプレートを用意する。2014年5月に第一弾として標的型攻撃対策を目的としたレポートテンプレートを提供開始した(関連記事:アシスト、標的型攻撃の検知でログ分析システムの構築サービス)。今回第二弾として、個人情報の漏洩対策を目的としたレポートテンプレートを用意した格好である。

 サービスの価格(税別)は、第一弾の標的型攻撃対策と、今回の個人情報の漏洩対策で共通である。具体的には、それぞれのレポートテンプレートの仕様書の提供に加え、レポート出力システムを実際に構築するサービスが、100万円から。システム構築が必要ないユーザー向けには、レポートテンプレートの仕様書の提供が30万円から。なお、別途ログ分析ソフトであるLogReviのライセンス費用(170万円から)が必要になる。

 今回のセキュリティログ分析ソリューション~個人情報保護対策版~で得られるログ分析レポートは全27種類での通り。

表●リスクに対するログ分析レポート一覧(全27種類)
リスク分析レポート
端末への不正ログインログインエラーログ一覧
ログインエラー件数一覧
サーバーへの不正ログイン不正アクセス一覧
ログイン試行(パスワードミス)一覧
なりかわり失敗一覧
情報への不正アクセス重要フォルダーアクセス一覧
重要フォルダーアクセス件数一覧
大量検索実行の一覧
勤務時間外の重要フォルダーへのアクセス一覧
情報の不正持ち出し禁止デバイス接続ログ一覧
デバイス接続件数一覧
外部メディア持ち出しログ一覧
ユーザ(PC)別持ち出し件数一覧
部署別持ち出し件数一覧
印刷操作一覧
勤務時間外のデバイス接続ログ一覧
勤務時間外の外部メディア持ち出し一覧
勤務時間外の印刷一覧
不正な権限変更アカウント変更操作一覧
スキーマ変更操作一覧
DB特権ユーザの不正操作特権ユーザーのアプリケーションテーブルへの不正アクセス一覧
特権ユーザーアクティビティー集計一覧
特権ユーザー利用一覧
特権ユーザー監視(DDL)一覧
管理者ユーザーログイン一覧
その他不正アクセスポイント利用一覧
外部リモートアクセス失敗一覧(アウトバウンド)