図1●新着メール受信をバナーまたはダイアログでユーザーに通知できる NTTドコモのWebページから引用
[画像のクリックで拡大表示]
図2●新着メール自動受信機能を有効にする手順 NTTドコモのWebページから引用
[画像のクリックで拡大表示]
図3●新着メールの通知方法の設定手順 NTTドコモのWebページから引用
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2014年9月24日、iPhoneとiPad向けに提供している「ドコモメール」サービスにおいて、新着メールの自動受信を可能にする新機能(方式)を提供開始した。

 従来方式では、メールがドコモのメールサーバーに届いたことが端末に通知されるものの、メールそのものは定期受信(ポーリング)か手動受信により取得する必要があった。新方式では、新着メールがドコモのメールサーバーに届くとiPhoneやiPadが自動でメールを取得。バナーまたはダイアログでユーザーに通知する(図1)。

 新着メール自動受信機能を有効にするには、iPhoneやiPad本体の「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」-「データの取得方法」とたどり、「プッシュ」を有効化。さらに、「ドコモメール」の項目で「プッシュ」を選択する。同画面内に表示されるメールボックスのうち、プッシュ対象としたいもの(「受信」など)を選択すれば、設定は完了だ(図2)。

 もし、上記設定手順で「プッシュ」が選択できない場合には、同社サポートページにアクセスし、「iPhone初期設定/iPad初期設定」プロファイルの再インストールを実施する必要がある。

 続いて、新着メールの通知方法の設定も行う。ホーム画面から「設定」-「通知センター」-「メール」-「ドコモメール」とたどり、通知方法を「なし」「バナー」「ダイアログ」の3種類から選択する。アプリアイコン上に新着メールがあることを表示する「Appアイコンバッジ表示」などの設定も併せて行える(図3)。