画面●日本マイクロソフトの情報
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2014年8月28日、不具合が見つかった8月13日公開のセキュリティ更新プログラム(パッチ)に代わる新しいパッチを公開したことを明らかにした(画面)。古いパッチを適用すると、PCが起動しなくなる恐れなどがあった(関連記事:Windowsのパッチに不具合)。新しいパッチは自動更新機能を通じて配信される。同社では、新しいパッチを適用する前に、古いパッチをアンインストールすることを推奨している。

 適用すると問題が発生する恐れがあったのは、8月13日に公開された以下の4種類のパッチ。

  • [MS14-045]カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム(KB2982791)
  • Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows(KB2970228)
  • August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2(KB2975719)
  • August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012(KB2975331)

 これらのいずれかを適用すると、「Stop 0x50」エラーが発生し、PCが異常終了したり、起動に失敗したりする場合があった。PCの画面が真っ青になる「ブルースクリーン」が発生し、PCを操作できなくなることもあったとしている。

 このため同社では、これらのパッチの公開を中止。問題が発生した場合の対応方法などをWebサイトで公開した。また、問題が発生していないPCでも、これらのパッチをアンインストールすることを推奨した。

 そして今回、「[MS14-045]カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム(KB2982791)」に代わる、新しいパッチ「KB2993651」を公開した。このパッチでは、以前のパッチに存在した不具合が解消されている。セキュリティ情報「MS14-045」の脆弱性を解消するためには、このパッチを適用することが不可欠なので、全てのWindowsユーザーが適用する必要がある。

 新しいパッチは自動更新機能を通じて順次配信されるので、一般のユーザーは何もする必要がない。自動更新機能を無効にしているユーザーは、Windows Updateや同社サイトを通じて入手し適用する。

 同社では、新しいパッチ「KB2993651」は、古いパッチ「KB2982791」が書き換えたファイルを上書きするため、新しいパッチの適用前に古いパッチをアンインストールする必要はないとしている。しかしながら、以下のような問題が発生する可能性があるので、新しいパッチの適用前に、古いパッチをアンインストールすることを推奨している。

  • [コントロール パネル]の[インストールされた更新プログラム]の一覧に更新プログラム KB2982791が表示されたままになる
  • 新しい更新プログラムをインストールし、再起動が完了するまでの間に、サポート技術情報2982791で説明される問題が発生し、コンピュータの起動が困難になる可能性がある

 なお、不具合が見つかっている残りの3種類のパッチ「KB2970228」「KB2975719」「KB2975331」については、現時点では新しいパッチは公開されていない。米マイクロソフトでは、新しいパッチを公開する計画があるとしているが、公開時期などについては明らかにしていない。

[日本マイクロソフトの情報]
[米マイクロソフトの情報]