写真1●iOS 8向け日本語入力ソフトSimeji(開発中の画面)
[画像のクリックで拡大表示]

 バイドゥは2014年8月6日、Android向けに無料で提供しているIME「Simeji」(しめじ)のiOS 8対応版を開発していることを明らかにした。「アップルの審査次第だがiOS 8の正式リリースに合わせて公開したい」(バイドゥ)という。iOS版Simejiは新開発言語であるSwiftを使って開発、主要機能として「クラウド変換」「キーボードのデザイン(スキン)変更」「顔文字入力」の三つを搭載する。

 米アップルが9月9日に発表すると見られる「iPhone 6」(関連記事:Apple、「iPhone 6」発表イベントを9月9日に開催か)。そのiPhone 6発表に合わせて正式リリース予定の「iOS 8」には様々な機能拡張が施されるが、目玉の一つに「サードパーティ製日本語入力ソフト(IME)の開発許可」がある。これにより、Androidでは当たり前のこととして実現している「自分の好きなIMEを入れて使うこと」がようやくiOSでも可能になる。

 そのiOS 8正式リリースに合わせて、バイドゥがAndroid向けに無料で提供しているIME「Simeji」(しめじ)のiOS 8対応版(写真1)を開発していることが8月6日、明らかになった。現在も開発を続けており、「アップルの審査次第だがiOS 8の正式リリースに合わせて公開したい」(バイドゥ)という。開発担当者である二人の女性エンジニアにインタビューできたので、最新画面と共に紹介しよう。

写真2●iOS 8向けSimejiの開発を手がけるバイドゥの河本雪野氏(プロダクト事業部 デザイナー、写真左)と矢野りん氏(モバイルプロダクト事業部 マネージャー、写真右)
[画像のクリックで拡大表示]

 iOS 8向けSimeji(以下、iOS版Simeji)を開発しているのは、矢野りん氏(モバイルプロダクト事業部 マネージャー、写真2右)と河本雪野氏(プロダクト事業部 デザイナー、写真2左)を中心とした10人規模の開発チーム。河本氏によれば、6月2日~6日(現地時間)に米国で開催された開発者向けイベント「WWDC 2014」のキーノートでサードパーティ製IMEが開発可能になったことを知り、「すぐに社内で開発のための調査や研究に着手した」(河本氏)という。

 Android版Simejiと名前こそ同じだが、iOS版SimejiはアップルがiOS向けに採用を決めた新開発言語であるSwiftを使い、「中身は完全に作り直している」(河本氏)という。機能については、「アップルのデザインガイドラインやiOS側の機能制約などにより、Android版Simejiでは搭載しているがiOS版Simejiでは少なくとも当初は実装しない/できない機能もある」(矢野氏)としている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら