写真1●ローソンの加茂正治専務執行役
[画像のクリックで拡大表示]

 ローソンや日本通運が、業務系システムの「Amazon Web Services(AWS)」への全面移行を進めていることが分かった。アマゾン データ サービス ジャパンが2014年7月17、18日に東京都内で開催したイベント「AWS Summit Tokyo 2014」で明らかになった。ローソンの加茂正治専務執行役員(写真1)は、「ベンダーやハードウエアのロックインを避けるためにAWSへ全面移行する」と語った。

 ローソンは2016~2018年にかけて、SCM(サプライ・チェーン・マネジメント)とCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)を統合した次世代基幹系システムを開発する予定。この新システムをAWS上で稼働する。加茂専務によればSCMとCRMを統合する目的は「店舗のヘビーユーザーを増やすこと」で、顧客動向分析に基づく品揃えに沿った、機動的な物流管理を目指すという。

写真2●ローソンのAWS移行計画
[画像のクリックで拡大表示]

 情報系や開発系、本部系、EC(電子商取引)系の各システムもAWSへ順次移行するほか、現在は各店舗ごとにサーバーを設置している店舗系システムについてもAWSに移行する予定である(写真2)。加茂専務は、「ベンダーロックインから逃げ出すためにAWSへと全面移行することを決めたが、その一方で“AWSロックイン”に対する懸念もある。どのようにすればロックインを回避できるか考えながら、全面的なシステム切り替えを目指す」と述べている。

写真3●アマゾン データ サービス ジャパンの長崎忠雄社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●AWSへの全面移行を発表した企業
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾン データ サービス ジャパンの長崎忠雄社長(写真3)は18日に行ったAWS Summit Tokyo 2014の基調講演で、ローソン以外にも丸紅や日本通運がAWSへの全面移行を進めていることを紹介した。丸紅は本誌が2月に報じたように、業務システムの全ITインフラ、サーバー台数にしておよそ500台をAWSへと全面移行する予定だ(関連記事:丸紅がアマゾンへ全面移行)。日通も1000台のサーバーをAWSへと移行する(写真4)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら