日本の会計基準設定主体であるASBJ(企業会計基準委員会)は2014年7月18日、日本版IFRS(国際会計基準)、J-IFRSなどと呼ばれる「エンドースメントされたIFRS」の策定に向けて議論する「IFRSのエンドースメントに関する作業部会」の第17回会議を開催した。

 日本版IFRSの公開草案作成に向けた議論は今回で終了。近く開催されるASBJの親委員会による承認を経て、公開される。2013年8月から1年近くを費やして議論してきた日本版IFRSの姿が、いよいよ一般に明らかになる。

「のれん」と「当期純利益/リサイクリング」を削除/修正

 エンドースメントされたIFRSは、IFRSそのもの(ピュアIFRS)を構成する基準一つひとつを検討し、必要に応じて削除または修正したものを指す。金融庁が2013年6月19日に公表した報告書「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」でIFRS任意適用促進策の一つとして示した(関連記事:「強制適用の判断見送り、我が国に適したIFRS策定」、金融庁が報告書)。

 2014年5月12日に開催した第12回会議で、IFRSに対する削除/修正について「(ピュアIFRSを)可能な限り受け入れるのが前提。十分な検討を尽くしたうえで、基本的な考え方や実務上の困難さの観点から『なお受け入れがたい』との結論に達したもののみを削除/修正する」との方針を打ち出し、「のれん」と「当期純利益/リサイクリング」に絞って検討していく方向性を示した(関連記事:ASBJがJ-IFRS草案に向け方針整理、基準の削除/修正は「必要最低限」)。

 これを受けて、5月22日に開催した第13回会議以降は、「のれん」「当期純利益/リサイクリング」を削除/修正すると仮定した場合の公開草案の仕様について議論している(関連記事:「日本版IFRS」公開草案に向け最終段階へ、ASBJが作業部会開催)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら