写真●IBMのGinni Rometty CEO(左)とAppleのTim Cook CEO

 米Appleと米IBMは現地時間2014年7月15日、「iPhone」および「iPad」対応のビジネスアプリケーションの共同開発など、企業分野における広範な提携を発表した(写真)。iPhoneとiPadでIBMのビッグデータおよび分析機能を利用できるようにする。また、IBMは自社の顧客にiPhoneおよびiPadを販売する。

 両社は共同で、100以上の業界に特化したiOS対応の企業向けソリューション「IBM MobileFirst for iOS」を構築する。Appleの消費者市場での経験、ハードウエアとソフトウエアの統合、開発プラットフォームにIBMのビッグデータ解析能力を融合させる。小売販売、ヘルスケア、金融機関、旅行および交通機関、電気通信、保険などさまざまな業界の特殊なニーズに対応したアプリケーションを開発し、2014年秋から2015年にかけてリリースする。

 iOSに最適化したIBMのクラウドサービス「IBM MobileFirst Platform for iOS」では、分析、ワークフロー、クラウドストレージのほか、デバイス管理、モバイルセキュリティおよびインテグレーションなどの機能を用意する。すべてのサービスはIBMのパブリッククラウドプラットフォーム「Bluemix」で利用可能。

 企業向けサポートサービス「AppleCare for Enterprise」は、Appleの顧客サポートグループが24時間体制で対応するほか、IBMがオンサイトのサポートを提供する。

 さらにIBMは、企業におけるiOS端末の導入、アクティベーション、管理を支援するパッケージサービス「IBM MobileFirst Supply and Management」を提供する。リース方式のオプションを用意する。

 AppleのTim Cook最高経営責任者(CEO)は「IBMの名高いビッグデータ解析をiOSユーザーが手軽に利用できるようにするこの提携は、Appleにとって大きな市場機会となる。これは、AppleとIBMにしか実現できない企業分野の抜本的な一歩だ」と述べた。

 また、IBM会長で社長兼CEOのGinni Rometty氏は「Appleのイノベーションは我々の生活を一変させた。当提携は、同様の変革を人々の働き方、産業の運営、企業の事業遂行にもたらすものだ」とコメントした。

[発表資料(Appleのプレスリリース)]
[発表資料(IBMのプレスリリース)]