グーグルは2014年7月14日、新製品発表会を開催し、Chrome OSを搭載したノートPC「Chromebook」シリーズを日本市場に投入することを発表した(写真1)。国内向けに展開するのは、企業向けの「Chromebooks for Work」と、教育機関向けの「Chromebooks for Education」の2種類。メーカーは日本エイサー、ASUS、日本HP、デル、東芝の5社で、7月から発売する。

写真1●グーグルがChromebookの国内向け投入を発表
[画像のクリックで拡大表示]

初心者でも使える安心・安全設計、文房具のような使い勝手を実現

 海外では2011年から提供してきたChromebookだが、日本では今回が初の発表となる。グーグル Chromeチーム シニアエンジニアリングマネージャーの及川卓也氏は、ChromebookのベースとなっているWebブラウザー「Google Chrome」の特徴として「シンプル・スピード・セキュリティ」という3つの"S"を挙げる(写真2)。

写真2●グーグル Chromeチーム シニアエンジニアリングマネージャーの及川卓也氏
[画像のクリックで拡大表示]

 特にセキュリティについて、「インターネットのセキュリティが社会インフラを脅かす事態になっているが、Chromeなら初心者でも心配することなく、安心に安全にお使いいただける」(及川氏)と説明する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら