攻めを担う「第2のIT部門」と従来のIT部門を統合する。全社の事業をデジタル化するうえで最適なIT部門の姿は「攻守統合」だ。導火線はIoT。IHIや日立造船は既に成果を出している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら