高度成長時代の大量生産手法から生まれたウォータフォール型開発。時流に合わないやり方が今の現場を苦しめ、元気を奪っている。ビジネスのデジタル化を支える今流のやり方に変革する具体的な方法を指南しよう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら