君はもっと斬新なアイデアを出せないのか─。言うは易しで、独自性に富んだアイデアや企画を生み出すのは困難な作業だ。それこそ発想を変えて、先例に習ってはどうだろう。もちろん単なる模倣では意味がない。ヒット企画を様々な切り口で見直し、検討することで新たな企画を生み出すことは可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら