ユーザー企業とITベンダーの不毛な対立のない、成熟したシステム開発。日本のIT業界は、この成熟の道どころか、退化の道を進んでいないだろうか。数々のIT訴訟やトラブルの実例に基づき、日本のシステム開発を成熟の道へ進めるための「三つの新常識」を示す。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら