写真:アフロ

社長の「鶴の一声」によるERPパッケージ導入の失敗、追加開発の費用負担の押し付け合い、データ移行の役割分担をめぐるトラブル……システム開発プロジェクトが途中で頓挫し、ユーザー企業とITベンダーの間で訴訟に発展するケースが後を絶たない。近年のIT訴訟の傾向を分析しながら、日本のシステム開発プロジェクトに潜む落とし穴やその対応策・改善策を考える。

浅川 直輝

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2016年10月13日号 pp.22-23
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。