今回取り上げるのは、経営陣や利用部門などのユーザーの声から真の要件を「掘り起こす力」である。事業部門と同等な目線で会話をして、何を本当に求めているのかを明らかにしなければならない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら