「その情報システムは誰に、どのような価値を提供できるのか」。開発に先立つ計画段階で議論すべきことだが案外できていない。米スタンフォード大学の石井浩介教授は価値の分析手法を作った。様々な関係者が対話し、図をまとめることで価値を共有できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら