多くの企業がビジネスの将来を語るとき、そのゴールは5年後の2020年。もちろん東京五輪を意識してのことだが、少し気になる。誰もがそこで思考停止しているのだ。五輪開催に向けた“行け行けドンドン”の後に、暗く長い停滞の時代が予感されるので、その先を考えたくないのかもしれない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら